出産の方法

出産というのは、女性が自らの体内で育てた命を、この世界に産み出すという神秘的なもので、女性にとっては自分の血や肉を削り取り分け与え、耐え難い痛みに耐えて行うまさに命がけのものです。


自然界や、医療が発達していない過去においてはそのようなものでしたが、医療技術が発達した現在の日本においては、そのリスクや傷みを減らし、妊婦や赤ちゃんの健康を考え進化しています。
そのため出産法なども増え、それらを選べる産院なども増えてきました。
ですが女性が胎児をお腹で育て、産むことには変わりはありません。
そのためどの病院でどの方法を選ぶのか、安心してお産ができるかどうか、その選択は自分自身で納得のいく選びかたをしましょう。


出産法として最もポピュラーなのは、自然分娩です。
自然に陣痛が起こるのを待ち、出産の補助動作やラマーズ法、ソフロロジーなどの呼吸法などを用い出産します。
ですが自分が希望しても、お産の経過によっては帝王切開や陣痛促進剤を使う場合があります。


計画分娩とは、出産日をあらかじめ設定し、陣痛促進剤で陣痛を起こす出産法です。
計画的に出産しますので、トラブルに備えスタッフが多い時間を設定します。


無痛分娩は麻酔で、お産の痛みをやわらげる出産法です。
局部麻酔ですと自分でいきんだり、産声をきくこともできますが、高度な麻酔の技術を必要としますので、麻酔の専門医がいる病院を選ぶ必要があります。


帝王切開は妊娠高血圧症や逆子などの場合に行われます。
自然分娩においても、予期せぬトラブルなどで医師の判断により緊急に切り替えることがあります。


その他には、Labor(陣痛)、Delivery(出産)、Recovery(回復)を同じ部屋で過ごすLDR。
妊婦自身がいちばんラクな姿勢で出産するアクティブバース。
夫が出産に立会い、夫婦二人でお産を乗り切る立ち会い分娩などがあります。


[PICK UP]
出産後の子育ての悩みなどを相談出来るサイトです > > 子育て

Copyright © 2014 出産と手術 All Rights Reserved.